Skip to content

建築土木#

建築土木分野

建築土木分野では、上水道や農業用パイプラインなどの水路、また、大規模ビル施設の管路系において、設計検討やリスク評価、事故原因検討、ストックマネジメント、熱効率化などを対象として水撃解析や配管熱流動解析を活用できます。

また、ビルやトンネルなどの消火設備においては、ポンプやスプリンクラーの性能評価にシミュレーションが利用できます。 ビルで火災が起こった場合に煙がどのように流動するかや避難経路についてもシミュレーションを用いた検討が重要になってきています。

関連事例#