Skip to content

閉空間での点音源の伝播解析(内部問題)#

音響解析ソフトウェア Advance/FrontNoise 事例

解析モデル#

1辺1mの立方体の内部に音源を設定するモデルで、メッシュサイズを自由に設定できるモデルとしました。音源には、立方体の中央位置に単極子音源、双極子音源、四重極音源を設定しました。また、立方体の周囲は完全反射の壁としました。

解析モデルの規模としては、次のような大きさの規模のデータを用いました。

表1 検証例題の規模

No. 要素数 節点数 自由度
6,000,000 1,030,301 2,060,602
12,002,256 2,048,383 4,096,766
23,665,872 4,019,679 8,039,358
48,000,000 8,120,601 16,241,202
58,802,064 9,938,375 19,876,750
71,114,112 12,008,989 24,017,978
82,944,000 13,997,521 27,995,042

図1 単極子の結果

図1 単極子の結果

(左;立方体表面の速度ポテンシャル分布、右;中央断面の音圧レベル)

図1 単極子の結果

図2 双極子の結果

(左;立方体表面の速度ポテンシャル分布、右;中央断面の音圧レベル)

図3 四重極の結果

図3 四重極の結果

(左;立方体表面の速度ポテンシャル分布、右;中央断面の音圧レベル)

関連ページ#