Skip to content

構造#

構造分野

構造分野では、設計の現場での時間的・計算リソース的理由から計算機によりシミュレーションを行う場合、何らかのモデル化を行うことが多くみられます。 例えば、骨組構造解析においては梁要素でのモデル化を行い、樹脂解析においては、その物性をマクロモデルに置き換えます。 一方で設計精度を向上させるために、より詳細なシミュレーションを行える大規模解析に対するニーズが高まっています。

大規模解析はモデル化および結果検討における省力化という点でも着目されています。 この例としては、隅肉溶接個所がシンプルなモデル化では応力集中個所になってしまい別途検討が必要になりますが、溶接個所もモデル化することでその手間を省くことができます。

関連事例#