Skip to content

振動音響#

振動音響分野

振動音響分野は、近年大規模問題に対する高速な処理が可能であることから、音響解析には有限要素法が利用されています。 しかし、有限要素では外部問題が不得手であるという欠点がありました。 その欠点を補うことを目的として、放射など外部問題(3次元無限領域問題)を解くために、従来の有限要素解析に対して無限要素機能を導入しました。

無限要素を利用することにより、これまでより高速に外部問題を解くことができるようになり、有限要素の格子を設定した以外の領域の観測点においても、音圧や粒子速度の物理量を得ることができるようになりました。

関連事例#