Skip to content

回転デトネーション解析のデモンストレーション例#

回転デトネーション解析のデモンストレーション例を示します。

キーワード#

爆轟、爆燃、火炎、回転デトネーション、超音速燃焼、空気水素系、G方程式、爆轟遷移、Rotation Detonation(RD)、層流火炎速度、乱流火炎速度、着火遅れ時間

計算モデル#

computational_model

計算手法#

calc_method

圧力分布の可視化例と表面圧力の時系列分布の例#

result

  • 計算対象の全長は2cmであるが格子サイズは0.2mmとし全体の格子数を5万要素程と大幅に抑えて計算が可能
  • 爆轟波面の内部構造を解像する必要のない計算手法を採用しており、さらに大規模長さスケールの数値解析が可能

関連ページ#