Skip to content

アドバンスソフトの解析事例集#

◆ パッケージソフトウェア別 #

産業界には、流れ、温度、変形、応力、音響、振動等が相互に関連しているような現象の課題を解決するために、多くの連成問題が研究、および、設計課題として数多くの取り組みが開始されています。

◆ ナノ・バイオ系 #

第一原理計算ソフトウェア Advance/PHASE#

Advance/PHASEは、密度汎関数理論と擬ポテンシャルを用いた平面波展開による第一原理計算ソフトウェアです。量子力学に基づき電子状態を求めるので、精度の高い計算結果を得ることができます。既存材料の分析だけでなく、新規材料の設計にもご活用いただけます。

「第一原理計算ソフトウェア Advance/PHASE」の事例はこちら

ナノ材料解析統合GUI Advance/NanoLabo#

Advance/NanoLabo は、Advance/PHASE や Quantum ESPRESSO、LAMMPSなど、各種計算ソルバーをグラフィカルに操作できる統合GUIです。Materials Project 他、代表的な材料データベースを検索し、モデリング・計算条件設定が極めて容易に行えます。ソルバーで計算された結果は、各種のグラフィック表示が可能です。

「ナノ材料解析統合GUI Advance/NanoLabo」の事例はこちら

半導体デバイス3次元TCADシステム Advance/TCAD#

超微細半導体デバイスからパワーデバイスまでの解析において、複数デバイスの一体解析(セルレベルシミュレーション)やデバイス・外部回路(LCR)一体解析(Advanced mixed-modes)等の高度な機能と使いやすいGUIを備えた、お客さまのご要望に臨機応変に対応できる国産の3次元TCADシステムです。

「半導体デバイス3次元TCADシステム Advance/TCAD」の事例はこちら

電磁波解析ソフトウェア Advance/ParallelWave#

光が波であるという本質を解析します。さまざまな材料・形状に対し、光の透過・反射・吸収・干渉・回折の現象を再現します。これにより、様々な光学デバイスの研究開発を強力にサポートします。

「電磁波解析ソフトウェア Advance/ParallelWave」の事例はこちら

◆ 流体・構造系 #

流体解析ソフトウェア Advance/FrontFlow/red#

Advance/FrontFlow/red は、Large Eddy Simulation (LES) による優れた乱流解析機能をベースに計算をロバストに進めるための高度な手法を取り入れ、かつ大規模なモデルを高速に解くための並列化性能を意識したアルゴリズムを適用して開発された流体解析ソフトウェアです。

現在では、ガス燃焼・化学反応を伴う解析、騒音解析、放射、自由表面、キャビテーションなどの広範な適用分野と高度なテーマに対応した国産の汎用3次元熱流体解析ソフトウェアとなっています。

「流体解析ソフトウェア Advance/FrontFlow/red」の事例はこちら

高速流解析ソフトウェア Advance/FrontFlow/FOCUS#

可燃性ガスによる予混合燃焼、爆発、爆轟現象、さらには超音速における衝撃波も解析できます。計算時間はこれまでの燃焼ソルバーに比べて格段と高速化され、格子生成については埋め込み境界法の採用により、構造物を意識せず計算格子を作成でき、CADデータを取り込むだけで形状評価を行うことができます。

Advance/FrontFlow/FOCUSの適応分野は安全工学分野における火災、爆発を始め、産業機械分野でも製造過程における超音速、燃焼現象にも対応できます。

「高速流解析ソフトウェア Advance/FrontFlow/FOCUS」の事例はこちら

構造解析ソフトウェア Advance/FrontSTR#

Advance/FrontSTRは、固体の変形や熱伝導を、有限要素法を用いた3次元で解析するソフトウェアです。本ソフトウェアは大規模解析に適していることを特徴としています。これまでに、アドバンスソフトでは、ユーザーのニーズを応じて改良や機能追加を行ってきました。当社で実施した改良のうち、部分構造合成法(Component Mode Synthesis法)に関する計算原理・機能とその適用事例を中心に紹介します。

「構造解析ソフトウェア Advance/FrontSTR」の事例はこちら

音響解析ソフトウェア Advance/FrontNoise#

近年の製造業における品質保証への要求に応えるため、より精度の高い振動解析や騒音解析等のニーズが高まっています。また、計算機の性能向上および価格の低下により、大規模な計算により精度の高い解析が可能となってきています。その1つの手段として、当社では、並列化を中心としたシミュレーションの大規模化および高速化を実現するためのソフトウェアの開発に取り組んでいます。

この方針のもと、当社では、音響解析ソフトウェアAdvance/FrontNoise を独自に開発し、環境騒音低減や騒音低下のための機器設計の一環として、音響シミュレーションに関するサービスを提供しています。

Advance/FrontNoise では、音源の位置と大きさ等を入力として、解析領域内の音圧レベルを求めます。数値解法には有限要素法 (FEM)を利用しています。要素は形状適合性の高い四面体要素を使用しています。

「音響解析ソフトウェア Advance/FrontNoise」の事例はこちら

気液二相流解析ソフトウェア Advance/FrontFlow/MP#

Advance/FrontFlow/MPは、気泡流、噴霧流、自由表面流れなどの気液二相流を、相変化を含めて解析でき、当社独自開発のソフトウェアです。

「気液二相流解析ソフトウェア Advance/FrontFlow/MP」の事例はこちら

管路系流体解析ソフトウェア Advance/FrontNet#

管路系流体解析ソフトウェアは配管内を流れる流体の相と取り扱い現象に応じて、2つのソフトウェアに分かれています。液体の急激な過渡現象(水撃、液柱分離)を取り扱うのがAdvance/FrontNet/Ω、単相流の過渡計算はAdvance/FrontNet/Γを使い分けます。それぞれが現象に特化した開発を行っています。

「管路系流体解析ソフトウェア Advance/FrontNet」の事例はこちら

汎用プリポストプロセッサ Advance/REVOCAP#

Advance/REVOCAPは、アドバンスソフトの主力製品である流体解析ソフトウェアAdvance/FrontFlow/red、構造解析ソフトウェアAdvance/FrontSTR、気液二相流解析ソフトウェアAdvance/FrontFlow/MP、音響解析ソフトウェアAdvance/FrontNoise、高速流解析ソフトウェア Advance/FrontFlow/FOCUSに対応したプリポストプロセッサです。

直感的な操作でモデリング・メッシュ作成・境界条件の設定、結果の可視化といった解析の一連の流れをスムーズに行うことを実現しました。

「汎用プリポストプロセッサ Advance/REVOCAP」の事例はこちら